FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさ ネットのいい話 9 ◇ 心霊ちょっといい話 ◇ より

 おまたせしました。ひさびさ ネットのいい話 9  9はオイチョのカブ


ひさびさ ネットのいい話 9  ◇ 心霊ちょっといい話 ◇ より


8才の娘が、お盆に入ってから「弟が帰って来たんだよ」。。  私にも見えたらいいのになぁ。

541 :本当にあった怖い名無し :04/09/04 09:19 ID:cfHYgB5R


私のばあちゃんの話です。 

ばあちゃんは私を含め孫を本当にかわいがってくれた人でした。 

ばあちゃんが作った和食が嫌で、当時くそガキの私は「こんなんじゃなくてカレーが食べたい」と 

出来上がったばかりの食事を前に言ったことがあります。 

ばあちゃんは何も言わず今作ったばかりの食事を捨て、作ったこともないカレーを懸命に作ってくれました。 

明治生まれのばあちゃんはカレーなど作ったことは無かったのでしょう。 

勝手がわからず作ったであろうカレーは野菜は白菜、肉の変わりにソーセージや竹輪なんかが入っておりました。 

できあがったカレーを見て、子供とはいえ私は悪いと思い、さすがに文句言わずに食べましたね。 

今でもあの時のカレーの味は忘れられません。 

ぼけ始めてからも孫が集まると「内緒でお小遣いをあげるでお菓子買いな」とお金を握らせてくれたばあちゃん。 

(大金は持たせられないからという理由でお金を持っていないはずの祖母が握らせてくれたのは15円でした。) 

いつも孫に優しい、穏やかで、ぼけてからもかわいいばあちゃんでした。 


話がそれてますね、すみません。 

「○○のお嫁さんを見たいねぇ」「曾孫を見たいねぇ」と言っていたばあちゃんは、 

私の嫁さんも、当然曾孫も見ることなく私が高校の時に亡くなりました。 

そして7年の後、私は結婚。 

結婚2年後には子供も生まれ本当に幸せでした。 

が、息子が5歳の時それは突然やってきました。 

「白血病」 

この病気は自覚症状が少なく、まわりから見てもなかなかわかりません。 

その上、調子が悪いから心配だと診て貰った医者では風邪だと診断。 

発見はさらに遅くなり、入院時にはかなり進行した状態でした。 

(型、発病年齢、進行状態等によりリスクが変わり、治療法も異なります) 

自宅からかなり離れた大学病院を紹介され、病室で眠る息子を前に泣きました。 


採血で何回も痛い注射をされ、点滴や心電図用のモニター等いくつもの機械に囲まれながら 

「パパ、大丈夫?」と私を気遣う息子。 

こんなに優しい子がなぜ?という気持ちと、この子を失うかもしれない恐怖の中、私は一晩中泣きました。 

泣きながら願いました。 

神様に、そしてばあちゃんに。 

「ばあちゃん、ばあちゃんの曾孫だよ。お願いだ!まだ連れて行かないでくれ!守ってやってくれ!」 

その日から息子の辛い治療がはじまりました。 

治療を進めていたある日、息子が言いました。 


「もう大丈夫だって言ってたよ。」 

医者は私に決して大丈夫などと言いませんでしたし、治療も先は長いものでしたから不思議に思い、

誰がそういったのか息子に聞くと 

しらないおばあちゃんがベッドにきて「悪いムシムシはいなくなるからね、もう大丈夫。」と言ったとの事。 


妻と私のどちらかが常に息子のそばにいるが、そんな人がきた事はない。 

まして、来たのは面会時間以外のようだ。 

腑に落ちないままになっていたある日、 

またあのおばあちゃんが来たと言う息子。 

今回は私がお茶を買いに出た数分間のことですし、本当におばあさんがいたのなら廊下で必ず私とすれ違うはず。 

実際私は看護士さん以外誰にもすれ違っていません。 

?と思っている私に息子が、 

「○○(私の名前)が心配だって言ってた。ちゃんとご飯食べなきゃって。」 

なぜかはわかりませんが直感的に死んだばあちゃんだと思いました。 

不思議なものでばあちゃんだと確信してしまったのです。 


それ以降、ばあちゃんは息子の前に出てきませんでしたが私はばあちゃんが守ってくれているのだと思い、 

心が少し軽くなった気持ちがしました。 

”ばあちゃん、息子が元気になったら絶対墓参りに行くからな”心の中で思いました。 


息子は退院し、今は小学校にもちゃんといっています。 

この病気は再発は心配ですが、漠然と大丈夫だと思っています。 

そういえば私には霊感など全くありませんが、病院では色々と不思議な話を聞いたり不思議な現象を見たりして驚きました。 

なのに自分のこの事件は全く驚きもせず、不思議にも感じませんでした。 

今思えば不思議ですね。 


510 :本当にあった怖い名無し :04/08/27 12:56 ID:+2EX1C+J


おれにとって、ばーちゃんは『優しさ』の権化みたいな人だった
 

いつもにこにこしてて、言葉を荒げることもなく、本当に穏やかな人で、家族みんなが、 

ばーちゃんのこと、大好きだった。

ばーちゃんは動物にも優しくて、家の周りにある三毛猫がうろつきはじめると、餌づけして、いつの間にか家のネコになってた。
ほどなくして家族にもなついたんだけど、おれや妹が抱き上げて撫でてやっても、機嫌よくはしているんだけど、ノドをゴロゴロと鳴らすことはないくせに、ばーちゃんが視界に入るだけで、その三毛猫はゴロゴロとノドを鳴らしてた。
その様子にいつも可愛がってたおれや妹は憤慨したもんだ。
なんでばーちゃんがいるだけでゴロゴロいいやがるんだ、こいつは(`Д´)と。 
 

三毛猫が二度目の出産をしてしばらくたった頃、
ばーちゃんが入院した。本人には知らせなかったがガンだった。

入院からたったの一ヶ月。ホントにあっとゆー間にばーちゃんは 逝っちゃった。
 

看病している時、一言も『痛い』と言わなかったばーちゃん。末期で凄まじい痛みがある

ハズなのに、顔を見ては『ありがとう』と微笑むばーちゃん。

逝ってしまう1週間くらい前だったかな?珍しくしかめっ面してベッドにいるばーちゃんに『痛いのか?』と聞いたら、小さく頷いた。おれが初めてみたばーちゃんの弱音だった。そんな我慢強い人だった。 
 

死に顔は本当に安らかで、元気だった頃のばーちゃんの穏やかな顔そのもの。遺体を家に連れて帰って、葬儀をすませたその夜、
気がつかない間に、三毛猫は生後二ヶ月の仔猫4匹を連れて家出した。それっきり帰ってこなかった。大好きなばーちゃんがいなくなったのを感じ取ったんだろうか。。。 



あれから9年。ばーちゃんの事を思い出すのも滅多にないよーになってた。
 

先日、ばーちゃんに会わせてあげられなかった嫁が死産した。おれの子供が、嫁のお腹の中で死んでしまってた。前日までお腹蹴ったりしていたのに。母体への影響もあるということで、

嫁は、普通分娩で2日かかって出産してくれた。9ヶ月の男の子だった。体重2600g、身長49cmまでにもなっていたのに、産声を上げることなく出てきた。 

おれも嫁も初めての子だっただけに、どうにも現実とは思えず、放心状態。 
 

息子が出てきてくれた夜、丸二日寝てなかったのに、病院の簡易ベッドということもあり、 なかなか寝つけなかった。うとうとし始めた頃に、夢にばーちゃんが出てきてくれた。 
 

別に何を言うわけでもない。いつもの笑顔でおれを見つめて、ただ2度頷いてくれた。
 

目がさめて、まわりを見渡し、夢であったことを自覚すると、嫁にきづかれないように病室を出て駐車場のクルマまで一目散に行った。そして大泣きした。まさに号泣した。 

ありがとう、ばーちゃん。きっと息子のことはまかせとけって言いにきてくれたんだよね。
 

忙しさにかまけて墓参りもまともに行ってない不幸者なのに、ちゃんと見守ってくれてたんだな。

そう思うと、息子を亡くした悲しさと、ただ自分がつくりあげた妄想かも知れないが、夢にまで出てきてくれたばーちゃんや祖先にたいする感謝が塊となって襲ってきて、大声あげて泣いた。
 

まだ立ち直ったとは言い切れないけれど、おれは嫁と一緒にがんばっていくよ。心配ばっかかけてごめんな、
ばーちゃん。どうかこれからも見守っててください。 
 

そして、おれも嫁も知らない世界へ行った息子の魂を守ってやってください。 

8才で普通に生活出来るけどほんの少し障害のある娘が 
 

お盆に入ってから 
 

「弟が帰って来たんだよ」 
 

としきりに言う。 


このくらいの大きさなの。と自分のアゴの下くらいをさして 
 

「オレンジジュースが好きなんだって」 
 

と笑う。早速お墓と仏壇にオレンジジュースを・・・。 
 


4年前に天国へ旅立ったあの子は男の子だったんだねぇ。 
 

と夫と話して涙が出てしまいました。 
 

「もうすぐ帰っちゃうんだって」 
 

ああ、お盆も終わるんだなぁ。 
 

私にも見えたらいいのになぁ。 
 



     つづきは → 安倍さん応援情報と嫌韓・嫌中情報 へ

 

 
スポンサーサイト

シンディ・ローパーと日本

 シンディ・ローパーと日本

 
シンディ・ローパー

 

シンディー ローパーという米国人歌手がいます。
昭和59(1984)年に、Girls Just Want to Have Fun という曲でブレイクした、
昭和28(1953)年生まれの白人歌手です。
当時MTVという番組で毎日放映されていました。
彼女は、80年代を代表するシンガー・ソングライターです。
過去にグラミー賞、エミー賞などを受賞しており、57歳になった現在も勢力的に活動をしています。
2011年3月4日、アルゼンチンの空港で飛行機の遅延や欠航が相次ぎ、
足止めを食った客らが、空港側に抗議して大騒ぎとなりました。
その場にたまたまシンディ・ローパーが居合わせ、同様にフライト待ちをしていました。
彼女はそこで、怒り狂う客らを落ち着かせるために、ある粋な計らいを行いました。
シンディは、アナウンスのマイクを奪うと、歌い始めました。
歌ったのが、彼女をスターダムに押し上げ、世界的ヒットとなったGirls Just Want to Have Fun です。
突然のライブに、イライラしていた乗客も空港関係者も大喜び。
スーパー・スターの歌声に魅了され、騒ぎは収束しました。

 



そのシンディーも、昔、売れないでどうしようもない時期がありました。


平成元(1989)年、定職もなくブラブラしていた時、

「ミホ」という日本食レストランを経営している鈴木サクエさんという日本人女性と出会い、

「それじゃ駄目だから自分の店で働きなさい」と誘ってもらい

規則正しいきちんとした生活が出来るようになりました。

世界最古の石器も日本からと専門家はどうして強調しないのでしょうか。

 縄文土器は世界最古ですが、磨製石器も日本から出土したものが最古とは知りませんでした。

専門家はどうして強調しないのでしょうか。


かなり前のNHKの文化講演会で考古学者(名前を失念)が、

縄文土器が世界最古で、中国沿岸で発見されるものはそれより新しく、

内陸に入るほどさらに新しくなると述べていました。

合理的に考えれば土器は日本から 大陸に伝わり、奥地に伝わっていったといえるが、

ほとんどの考古学者はそのうち大陸で縄文土器より古い土器が発見されるはずだと考えているそうです。

 

専門家はどうして強調しないのでしょうか。

 

槍先形尖頭器

上の写真、何だと思われますか?

実はこれ、昭和24年に発掘された「槍先形尖頭器」と呼ばれる石器です。

長さ約7cm、幅約3cmのこの石器は、薄緑色に透き通る黒曜石で出来ています。
中心部に白雲のようなすじが入っていて、神秘的な美しさです。

この石器は、日本で発見されたものです。
群馬県みどり市笠懸町にある岩宿遺跡(いわじゅくいせき)で出土したものです。

時代は、いまから約3万年前の旧石器時代のものです。
そして、人の手によって磨きがかけられた石器としては、これが「世界最古」の石器です。
そしてこの石器は、単に旧石器時代の石器というだけでなく、
「人の手による加工技術の産物」として「世界最古の道具」でもあります。

 

        
つづきは → 安倍さん応援情報と嫌韓・嫌中情報 へ


 

東北の農村でくそ寒い冬の日に囲炉裏で語られる一度も負けなかった将軍。

 東北の農村でくそ寒い冬の日に囲炉裏で語られる一度も負けなかった将軍。

立見は師団夜襲という世界戦史上類まれな戦術を実行します


【ちょっといい話番外編】
よく考えてみると日本の軍隊が欧州人の目を見張らせるほど強かったのは
立見尚文のような正規の軍人教育を受けなかった将校たちが幅を利かせていたころまでで、
欧州のコピーでつくった士官学校と海軍兵学校の出身者で指揮官を固めるようになったあとは、
役人根性むきだし、というか、あとの霞ヶ関の上級試験と同じで
士官学校の入校時の成績が退役するまでものを言う軍隊というガッチンガッチンの官僚組織のなかで
縄張り争いや繁文縟礼の言い合いに勝った「要領のよい」ものだけが生き残ってゆく
「近代化された軍隊」になってからは、他国に聞こえるほど役人根性がしみついた軍隊になって、
日本のひとがいま考えるよりはずっと弱い軍隊だったように見えます。
今日の名将は、知る人ぞ知る日本陸軍最強の人物を取り上げたいと思います。結論から申せば、
このおっさんは、薩長閥に入っていれば、もっと日の目を見た人であることは確かです。
彼は1845年8月21日三重県桑名で生を受けますが、桑名藩は陸奥白河藩から転封された藩である為、
士族言葉は東北弁でした。この為、立見尚文も関西人なのに東北弁しか話せません。
さて、幕末動乱のときの立見尚文は鳥羽・伏見の敗戦後、
桑名藩の軍制を建て直し洋式歩兵訓練を藩士を率いて雷神隊を組織して、
東北地方を転戦、官軍部隊をゲリラ戦術で散々に翻弄し時には壊滅させる戦功を上げます。
しかし、奥羽列藩同盟も庄内藩の降伏により瓦解、立見尚文も野に下ります。
しかし、鉄と火薬の匂いはこの男を離そうとしませんでした。
数年経つと明治新政府内で士族の反乱が相次ぎ、新政府軍は、薩摩軍の切り込みにビビッテ戦になりません。
そこで、立見尚文がまたもや登場します。ここで、彼は歩兵連隊を率いて、九州を転戦し、勇名を馳せます。
続いて日清戦争でも1個旅団を率いて活躍します。



        つづきは → こちらへ


 

ひさびさ ネットのいい話 8 父の封筒

  ひさびさ ネットのいい話 8  父の封筒

 たまにゃ家族で より

88 名前:呑んべぇさん 投稿日:02/05/20 03:02

俺の両親は3歳の時に離婚した。 

親父の暴力が原因だった。 

親父の顔は覚えてないけど殴られた事だけは覚えてた。 

母は親父の話をするといつも嫌な顔をした。 

 

そんな母が。俺の二十歳の誕生日に親父の連絡先を教えてくれた。 

「会うかどうかはお前に任せる」 そう言って。 

 

まぁ電話して会う事になって、17年ぶりに親父の顔を見た。 

俺はバカだから、何を話していいかわからなくてブン殴ってしまった。 

自分が何て叫んでたかはちゃんと覚えてないけれども、 

周囲の人間の目を気にしないで、自分で殴り飛ばした親父の胸で泣いていた。 

延々と泣いてる俺の肩を掴んで、親父は一言「お前はもっと痛かったんだよな」って。 

そう言って俺が殴った頬をさすりながら真剣な顔で俺を見ていた。 

それでまた泣いた。 

 

 

落ち付いた後、親父と酒を飲んだ。どうってことない普通の居酒屋でだ。 

今何をしてるか。母が元気かどうか。再婚した親父の家庭は上手く行ってるのか。 

そんな話をしながらずっと飲んでた。 

 

帰り際に「母さんに渡しといてくれ」と言って俺に封筒を渡した。 

帰って母に渡したが、俺はしばらくそれが何か知らなかった。 

 

 

俺も今は27で、社会に出て、結婚もして。そこそこの生活はしていると思う。 

最近、親父が死んだと聞いて、その時は悲しいけれど不思議と涙は出なかった。 

あの時さんざん泣いたせいなのかなー、とかドライに考えてた。 

 

が。 

 

母にあの時の封筒の中身が何だったのかその時聞いた。 

俺名義の口座の通帳だったらしい。 

一緒に酒を飲んだ時、親父は「今の家庭は上手く行ってるよ」なんて言ってたが、 

母に聞いたところ、再婚はせずにずっと一人で暮らしていたらしい。 

毎月、給料からその口座に一定額入金していたらしく、通帳には綺麗に同じ金額が並んでた。 

(後で記帳したら、親父が死ぬギリギリの月まで、毎月毎月入金されていた) 

 

その話を聞いて、はじめて泣いた。 

葬式では、その時よりも親父を殴ったときよりも、もっともっと泣いていた。 

 

 

親父が再婚したなんて嘘をついていた理由はわからないままだったけど。 

ありがとう。そう素直に思った。 

 

息子の名前は親父から一文字、嫁さんから一文字もらって「優吾」にした。 

親父みたいに暴力は振るわないつもりだけど、俺が親父に感謝したように、 

俺も息子に感謝されるような育て方をしたいと思う。ありがとう親父。 

 

思い出してホローリくる家族との思い出Part2 より

667 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:02/06/06 15:50 ID:N+00+8yK

5年前のこと。 

妹が短大を中退した。 

たいした理由はなく、なんとなく短大をサボりがちになって 

このままでは2年間で卒業できないのが明らかになったから。 

かなり無理して妹の学費を用意した父は激怒。 

妹は家を出て行くように言われた。 

それから2週間で妹はアパートと契約社員で雇ってくれる会社を探し、 

家を出て行く準備を整えた。 

その間、父と妹はほとんど口をきかなかった。 

妹が家を出る前の日の夕食はオムライスだった。 

母は私と一緒に夕食の準備をしながら妹にいった。 

「お父さんの手前、赤飯を炊くのはできないから 

オムライスにしたの。赤いごはんは同じでしょ。 

自力で会社も探して引越しの準備もして、偉かったね。 

これはあんたのちゃんとした門出なんだから 

お母さんはお祝いするわよ」 

妹はすこし泣き、その日オムライスを2皿食べた。 

父はオムライスを食べなかった。母の意図がわかったらしい。 

 

去年、妹が結婚相手を連れて帰ってきた。 

父は何事もなかったかのように妹と婚約者を歓迎した。 

そして、札束の入った封筒を妹に渡して言った。 

「お前の短大の学費が1年分余っていた。 

好きに使え」 

その日はまたオムライスだった。 

 
           
つづきは → こちらへ






 

ひさびさ ネットのいい話 7 夏に咲く桜の木を見た。満開だ。

 ひさびさ ネットのいい話 7   夏に咲く桜の木を見た。満開だ。 

 

618 :おさかなくわえた名無しさん :2005/10/26(水) 13:49:09 ID:32Gq+IV8

道に500円が落ちてるのを見つけて小走りに拾いに行って、 

かがんだ瞬間空から男の子が落ちてきた。 

俺の背中にボトっ→俺ぐちゃっ→どちらも無傷でした 

 

ベランダから落ちたんだってさ。男の子のカアチャンに泣きながら感謝された 

「いや、まぁ間に合って良かったですよ!」とかいって格好良く去ったけど、 

手の中の500円玉は、ギターか何かの銀色ピックでした 

 

なんでこれを500円玉だ!と思ったのか不思議ってくらいに、ただのピックでした 

 

なんか卑しい性格を利用されたような気がするけど、奇跡だと思ってるんだけど・・・・ 

 

 

735 :おさかなくわえた名無しさん :2005/11/10(木) 00:52:37 ID:iS8vNhW/

私には12才年上の兄がいる。若げの至りっぽい感じで18才でケコン。 

奥さんも同じ年で我が家に同居。すごく優しい人で実の妹のように 

可愛がってくれて毎日が楽しかった。 

だけどドキュな兄の浮気のせいで1年後にリコン。 

ある日学校から帰ったらお姉さんの荷物は無く、寂しさに泣いた。 

 

月日は流れドキュ兄は再婚、大人になった私はブティックで働いていた。 

ある日購入を決めたお客さまをレジに案内し、クレジットカードにサインを頂いた。 

書かれた名前を見て、私は思わず あ…!!と叫んでしまった。 

するとそのお客さまは私の顔と、カードの係員欄に書かれた私の名前を見て 

同じく あ…!!! と。そして手を取り合ってふたりで泣いた。 

 

最後の別れから20年後の出来事。兄には言わなかった。 

 

 

860 :おさかなくわえた名無しさん :2005/12/01(木) 19:48:41 ID:eAWMGRsb

小学生の頃いきなり夢に双子の妹が出てきた。 

1人っ子だったんだけど、子供ながらに何か確信みたいなものがあって 

母に聞いてみたらめちゃくちゃ泣かれた。 

どうしても探したくて、自分で書いたポスター(妹を探しています、みたいなやつ)を電柱や民家のドアに張りまくり

さらに泣かれた。 

小さい村で生まれたから噂は一気に広まり広報の人が家にまで来る始末。

とんでもない事をしてしまったと気づき泣きながら謝ったけどすでに遅く、

根も葉もない変な噂がたってしまい引っ越す事になった。 

 

それから何となく母と折り合いが悪くなり、高校を卒業してすぐ家を出た。 


そしたらバイト先(ファミレス)で妹に再会。

見た瞬間分かった。

向こうも私の夢を見ていたらしくずっと探してくれていた。 

 

二人で手を繋いで母の元へ帰った。 

色んな事情があって片方を養子に出さなきゃならなかったと聞き、

これから三人で楽しくやっていこうと笑い泣きしながら話した1ヶ月後、母が死んだ。 

 

私達は仲良くやってます。 

あの頃問い詰めてり恥をかかせたり、苦労かけて本当にごめんなさい。 


        
つづきは → こちらへ





 

ひさびさ ネットのいい話 5 十数年前の私へ。

 ひさびさ ネットのいい話 5 十数年前の私へ。


 576 名前: 奥さん、名無しです 投稿日: 2001/05/20() 00:30 ID:???

十数年前の私

その構えた包丁をおろしたのは正解です。

あんな糞親父殺したところで何の為にもなりません。

長いでしょうが、あと数年我慢して下さい。

素敵な旦那さんが現れて、

今からは想像も付かないほど幸せな家庭を築けます。

子育ても不安に思うことはありません。

自分が親にして欲しかったことをしてあげればよいのです。


586 名前: 576 投稿日: 2001/05/21() 16:10 ID:???

>>585

でも腫れ物に触るような育児で、ちょっと過保護気味(反省)

上手いしつけ方が分からないのですよ。今後の課題です。


ついでに十数年前の私にもういっちょ。

気になるのは素敵な旦那さんの正体ですね?

あなたはいつも「うぜぇ」と思いながら

クラスの不登校児にプリントやらを届けていますね。

ずばり!その少年が未来の旦那さんです。

「マジかよ。最悪~」などと罰当たりなことを考えないように。

近い将来あなたは、普通の男なら引いてしまう程

不幸にずぶずぶとはまっていきます。

それとは逆にもともとお勉強の出来る彼は、

某有名大に進学、安定した職を得ます。

そして2X歳の春のある日、ぼろ雑巾のようなあなたは彼に

「あの頃君に救われた。今度は僕の番だ」

と言われ、生まれて初めて嬉し泣きを経験します。

それからは最高に幸せになります。本当に。


旦那さま。あの時あなたがいてくれなかったら、

私はこの世にいなかったかも。ありがとう。

これからも愛させてね。




           
つづきは → こちらへ 





 

次のページ
プロフィール

abechan_matome

Author:abechan_matome
まとめ安倍速報FC2・安倍さん麻生さん応援の最新情報

最新記事
リンク
このブログをリンクに追加する
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
未分類 (1)
竹島 (17)
慰安婦 (1)
慰安婦問題 (11)
日本を守るデモ (7)
慰安婦像の撤去を求める署名にご協力を (5)
在日 (40)
日韓スワップ (18)
デモ支援 (2)
人権侵害救済法案 (88)
皇室 (1)
尖閣 (63)
嫌韓 (111)
天皇陛下・皇后陛下 (8)
天皇陛下、皇后陛下 (6)
売国民主 (81)
日本を守る (38)
解散総選挙 (47)
沖縄 (14)
中国暴動 (31)
日本びいきの外国人のスレ (10)
売国マスゴミ (79)
安倍新総裁 (74)
麻生太郎 (18)
民主党 (6)
自衛隊 (5)
愛国日本 (16)
売国奴 (17)
生活保護問題 (2)
靖国神社 (1)
維新は危険だ (7)
ちょっと面白い話 (15)
立てよ国民 (8)
エプロン通信 (3)
中川昭一 (2)
経済政策 (4)
北朝鮮 (3)
ネットにあったいい話 (16)
安倍内閣政策 (12)
安倍新総理 (4)
安倍総理大臣 (8)
中国経済崩壊 (5)
嫌中 (2)
売国NHK (1)
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。